皆既月食6
インターバル撮影 24mmで撮った画像の部分トリミング。2
月の出はじめ1
薄曇りの月とスカイツリー1
  スカイツリーとインターバル撮影4

-/-

インターバル撮影 24mmで撮った画像の部分トリミング。

インターバル撮影 24mmで撮った画像の部分トリミング。

この写真の説明

約5分間隔で撮影
撮影日時 2018/01/31 18:54:33
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-400
露出時間 1/180 (s)
F値 f/8
焦点距離
(35mm換算)
24 mm
(24 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.8
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows

コメントする

コメントをする場合は ログイン して下さい

コメント一覧

1025村の住人 1025村の住人

2018/02/04 13:07:12

これも綺麗に撮れましたね。
インターバル撮影では途中で露出を変えられない(私のカメラは・・)ので、露出を変えるのに苦労しました。
D810は大丈夫?

ボンタン コメントへの返答

2018/02/04 17:46:57

実はこれは最後の作品のトリミングです。
画質から考えてトリミングしてもある程度いけるだろうとの判断です。
1台のカメラでは身動き取れません。

インターバル撮影途中で絞り&シャッター速度の変更はD810 &D300共に前もって自宅でテスト撮影しています。
どちらも途中でSSもfも変更可能です。
(もちろん変更時にカメラ(三脚)を動かさない注意が必要です)
途中で撮影画像をモニターで見ることもできますが、なるべくカメラに触りたくないところです。
ちょっとでもカメラが動けば全部がパーになり苦労が水の泡。

以前初期バージョンの自作撮影マニュアルをメールで送りましたがその中の皆既月食中だけSSを修正したもので大体的を得ていました。
今回の撮影データから修正を加えて保存しておき次回の皆既月食ではばっちりになります。

今回はBKT(ブラケット撮影)の設定をMAXの9に設定しています。
露出補正値は通常0.3で使用しているところを、今回に限って0.5に設定しました。
したがって相当の露出範囲をカバーします。

しかし、当然撮影枚数は9倍になりますのでパソコンで選択して白飛びしないものをチョイスしています。大変な作業になることは覚悟していました。

相模原のカメラマン 相模原のカメラマン

2018/02/03 11:30:00

見事なインターバルの撮影でしたね 事前準備で行かれたのが良かったのですね 

ボンタン コメントへの返答

2018/02/03 21:27:30

月だけ写すのならどこでもよかったのですが、何かと組み合わせるためにはやはり目立つものが必要でした。
富士山、スカイツリー、東京タワーが浮かびましたが、天気予報と撮りやすさでスカイツリーに絞りました。

このアルバムの写真一覧

撮影日時 2018/01/31 18:54:33
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-400
露出時間 1/180 (s)
F値 f/8
焦点距離
(35mm換算)
24 mm
(24 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.8
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows
ボンタン

ボンタン

ニックネーム「ボンタン」は私の故郷の名産である柑橘の名前です。 直径20cm位の黄色い実が生ります。 甘さ控えめ、割合さっぱりとした味で大人の味です。 なんと皮の厚さが2cm近くもあり、その皮や実を加工して色々なお菓子が作られています。 キヨスクなどではボンタン飴として販売されています。 小さいころのおやつにもなっていました。 (ニコギャラ時代に全く知らない人に何の挨拶もなく、多くの画像を盗まれ、あたかも自分の写真のようにニコギャラではなく別のHP使われているのを2ヶ所も見つけました。フォトコミ仲間以外の人向けに警告として著作権を画像の中に主張しています)

写真総数 1447 枚
アルバム数 88 冊
wait