シラネアオイ(津久井湖の上の山  木道横)5
マムシグサ?(津久井湖上の山)5
赤ヤシオツツジ(カタクリの里)
菊咲きイチゲ(カタクリの里)2
キバナカタクリ(カタクリの里)5
春一番(カタクリの里)1
石楠花もどき(カタクリの里)2
リョクガクザクラ(カタクリの里)1
ほうき桃が上へ上へと伸びて咲いています。(カタクリの里)
キバナカタクリの群生(カタクリの里)2
ミツバツツジとキバナカタクリの競演(カタクリの里)1
ほうき桃の背比べ(カタクリの里)
ミツマタ(カタクリの里)2
カタクリがまだ残っていた(カタクリの里)
今年見納めのカタクリ(カタクリの里)2
黄色いじゅうたん(津久井湖の上の山)2
金原を望む菜の花畑(津久井湖の上の山)
見上げれば春の山(津久井湖の上の山)
空へと広げ(津久井湖の上の山)
ツクシ誰の子?(津久井湖の上の山)3
スミレ (タチツボスミレ?)(津久井湖の上の山)1
これぞ二輪草(津久井湖の上の山)2
我も二輪草だよ (津久井湖の上の山)2
オオゼイそう?(津久井湖の上の山)2
人工物排除できず(笑)(津久井湖対岸から)2
ジューンベリー満開(津久井湖)1
青空にジューンベリー(津久井湖)1
土砂降りの雨?(津久井湖)1
時間よ止まれ(津久井湖)1
雨上がり?(津久井湖)1

-/-

ミツマタ(カタクリの里)

ミツマタ(カタクリの里)
撮影日時 2017/04/13 11:50:54
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-640
露出時間 1/160 (s)
F値 f/8
焦点距離
(35mm換算)
28 mm
(28 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.3
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Ver.1.11

コメントする

コメントをする場合は ログイン して下さい

コメント一覧

toriba toriba

2017/04/19 08:36:06

これピンクのミツマタですね。
こういう少し変わったのを見るとなんだか得した気分です。
ミツマタの群生地と言えば霧が出て杉木立の下生えのミツマタを撮った写真を思い出します。
紙の材料だという事なので色々なところに群生地があるみたいですね。

ボンタン コメントへの返答

2017/04/19 08:43:42

黄色とピンク(赤っぽい)のがあるようです。
この時期は終わりに近いです。

私も神奈川にあると聞く群生地に行って見たいのですが、一人で行くには熊さんが怖いのです。

s_shibata s_shibata

2017/04/18 20:26:36

よく見るとミツマタでしたね。
下向きに咲きましから、黄色を
表現するには、下からあおらないと
本来の黄色がでません。

先々週、田舎に還り奥三河で
ミツマタ三昧でした。
満開には少し早く残念でしたが、三日間
頑張りました。

ボンタン コメントへの返答

2017/04/18 23:17:11

ミツマタもそろそろ終わりでした。
たしか神奈川の山林に群生しているところがあるようで今年行ってみたかったのですが。
pdfsatoさんが行かれたかな?

ミツマタ三昧とは初めて聞きますよ。(笑)
そのくらい粘らないといけませんね。

このアルバムの写真一覧

撮影日時 2017/04/13 11:50:54
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-640
露出時間 1/160 (s)
F値 f/8
焦点距離
(35mm換算)
28 mm
(28 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.3
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Ver.1.11
ボンタン

ボンタン

ニックネーム「ボンタン」は私の故郷の名産である柑橘の名前です。 直径20cm位の黄色い実が生ります。 甘さ控えめ、割合さっぱりとした味で大人の味です。 なんと皮の厚さが2cm近くもあり、その皮や実を加工して色々なお菓子が作られています。 キヨスクなどではボンタン飴として販売されています。 小さいころのおやつにもなっていました。 (ニコギャラ時代に全く知らない人に何の挨拶もなく、多くの画像を盗まれ、あたかも自分の写真のようにニコギャラではなく別のHP使われているのを2ヶ所も見つけました。フォトコミ仲間以外の人向けに警告として著作権を画像の中に主張しています)

写真総数 1406 枚
アルバム数 84 冊
wait