北岳肩の小屋3
北岳山荘2
イワヒバリ1
民間ヘリ(救助用ではありません)2
白根御池小屋の夕食2
北岳山荘の夕食3
標高3000mの植生保護網2
壊れ気味3
荒れた登山道2
断崖にへばりつく様に作られた登山道2
タカネビランジ こんにちは!1
高い!
バットレスからの流れ2
金属製の大きい橋1
暑いときはこれ!
植生保護2

-/-

北岳山荘

北岳山荘

この写真の説明

世界的に有名な建築家[黒川紀章]氏が設計された山小屋です。

さすがと思わせる頑丈な構造の山小屋で、たとえ台風が来てもここなら安心です。
築40年くらい経っていますがまだまだ健在です。

東側の窓から富士山が正面に見えるように造られています。
撮影日時 2018/08/27 10:09:13
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-200
露出時間 1/60 (s)
F値 f/11
焦点距離
(35mm換算)
300 mm
(300 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 0
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Ver.1.14

コメントする

コメントをする場合は ログイン して下さい

コメント一覧

1025村の住人 1025村の住人

2018/09/13 16:55:44

全室、富士山が見えるとか・・
ここも良さそうですね・・

ボンタン コメントへの返答

2018/09/13 22:14:41

殆んど富士山側にありますが、一部は反対側です。
反対側は何も見えません。(笑)

相模原のカメラマン 相模原のカメラマン

2018/09/13 14:07:55

山小屋でも有名な建築家が設計されるのですね 宿泊料も高いのですか(笑)

ボンタン コメントへの返答

2018/09/13 22:13:49

そう、宿泊料が1泊30万円。(笑)
この山小屋は市の経営ですから、有名な建築家に設計料を払えたのでしょう。
個人では到底無理ですね。

このアルバムの写真一覧

撮影日時 2018/08/27 10:09:13
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-200
露出時間 1/60 (s)
F値 f/11
焦点距離
(35mm換算)
300 mm
(300 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 0
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Ver.1.14
ボンタン

ボンタン

ニックネーム「ボンタン」は私の故郷の名産である柑橘の名前です。 直径20cm位の黄色い実が生ります。 甘さ控えめ、割合さっぱりとした味で大人の味です。 なんと皮の厚さが2cm近くもあり、その皮や実を加工して色々なお菓子が作られています。 キヨスクなどではボンタン飴として販売されています。 小さいころのおやつにもなっていました。 (ニコギャラ時代に全く知らない人に何の挨拶もなく、多くの画像を盗まれ、あたかも自分の写真のようにニコギャラではなく別のHP使われているのを2ヶ所も見つけました。フォトコミ仲間以外の人向けに警告として著作権を画像の中に主張しています)

写真総数 1447 枚
アルバム数 88 冊
wait