北岳肩の小屋3
北岳山荘2
イワヒバリ1
民間ヘリ(救助用ではありません)2
白根御池小屋の夕食2
北岳山荘の夕食3
標高3000mの植生保護網2
壊れ気味3
荒れた登山道2
断崖にへばりつく様に作られた登山道2
タカネビランジ こんにちは!1
高い!
バットレスからの流れ2
金属製の大きい橋1
暑いときはこれ!
植生保護2

-/-

壊れ気味

壊れ気味

この写真の説明

この下はずーっと下まで崖。
階段や手すりが朽ちてちょっと危険です。
撮影日時 2018/08/28 07:34:11
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-800
露出時間 1/320 (s)
F値 f/16
焦点距離
(35mm換算)
72 mm
(72 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 +0.7
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Ver.1.14

コメントする

コメントをする場合は ログイン して下さい

コメント一覧

1025村の住人 1025村の住人

2018/09/13 17:05:05

これは北岳山荘側ですね・・
登山道の維持管理も大変です。
ボンタンさん住み込みでアルバイト・・

ボンタン コメントへの返答

2018/09/13 22:47:57

残念ながら非力な私は雇ってもらえないでしょうね。
こんなところで力仕事したら高山病になりそうです。

そういえば、友達になった山小屋の子は高山病が完全になくなるのに2週間かかったと言っていました。
頭が痛かったり息が切れたり。
若い人が2週間も治らないとはどういうこと?たぶん20歳前後?
本当らしいのですが、私でもせいぜい3日。
よくそれでもバイトを続けたのには感心しますが。

相模原のカメラマン 相模原のカメラマン

2018/09/13 14:17:40

ここのメンテは大変ですね

ボンタン コメントへの返答

2018/09/13 22:43:40

今回は阿知ことだいぶ傷んでいました。
でも、整備は大変なことです。
空気も薄いので労働はきつそうです。

ふくろう ふくろう

2018/09/13 13:55:51

見ただけで恐ろしいです。<ちょっと危険>でなく,危険そのものですね。

ボンタン コメントへの返答

2018/09/13 22:42:50

天気が良ければ全く問題ありませんが、雨が降っていると滑るので危ないです。
落ちると100mどころか下が良く見えません。
一瞬で三途の川を渡ってしまいます。(笑)

このアルバムの写真一覧

撮影日時 2018/08/28 07:34:11
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-800
露出時間 1/320 (s)
F値 f/16
焦点距離
(35mm換算)
72 mm
(72 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 +0.7
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Ver.1.14
ボンタン

ボンタン

ニックネーム「ボンタン」は私の故郷の名産である柑橘の名前です。 直径20cm位の黄色い実が生ります。 甘さ控えめ、割合さっぱりとした味で大人の味です。 なんと皮の厚さが2cm近くもあり、その皮や実を加工して色々なお菓子が作られています。 キヨスクなどではボンタン飴として販売されています。 小さいころのおやつにもなっていました。 (ニコギャラ時代に全く知らない人に何の挨拶もなく、多くの画像を盗まれ、あたかも自分の写真のようにニコギャラではなく別のHP使われているのを2ヶ所も見つけました。フォトコミ仲間以外の人向けに警告として著作権を画像の中に主張しています)

写真総数 1447 枚
アルバム数 88 冊
wait