涸沢岳&北穂高岳のモルゲンロート7
モルゲンロートの涸沢岳と涸沢槍5
紅葉の山を愛でる3
登山道を赤く染める2
パノラマコースを周遊して1
早朝の涸沢3
赤と黄色のナナカマド2
ガスが漂う屏風の頭2
紅葉に映える奥穂高岳
紅葉に埋もれる3
屏風岩の秋1
赤いナナカマドの実
ナナカマドの実と北穂高岳2
斜光に浮かび上がる3
山は晴れ
奥穂と1本のナナカマド
奥穂と天の川4
北穂高岳と星の軌跡6
北穂高岳に流れ星3
明け方の涸沢1

-/-

涸沢岳&北穂高岳のモルゲンロート

涸沢岳&北穂高岳のモルゲンロート

この写真の説明

秋のこの季節は5:50頃に東の空から山の頂上に朝の光が届きます。
昇ったばかりの太陽の色によって赤が強く出るか、あるいは金色っぽくなるかワクワクしながら待ちます。
ちょっとでも東の空に雲が有るとモルゲンロートは見ることが出来ません。
ところが東の空は後ろの山の陰に隠れているため、その時間になるまでモルゲンロートが見られるかわからないのが、また楽しい時間なのです。
撮影日時 2018/10/06 06:03:41
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-100
露出時間 2 (s)
F値 f/16
焦点距離
(35mm換算)
32 mm
(32 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.3
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows

コメントする

コメントをする場合は ログイン して下さい

コメント一覧

1025村の住人 1025村の住人

2018/10/30 08:21:03

ボンタンさん おはようございます

 ついに年貢の納め時でしょうか・・^^;
 これからは写真三昧か・・、孫三昧か、奥さんの付き合いか・・いづれにしても、いつまでたっても貧乏暇なし・・(自分のことを言ってるみたいでしたが・・汗!)

ボンタン コメントへの返答

2018/10/30 22:36:54

そう、やっぱり暇はないほうが良い。
それでなくてもボケ始めているので、これで暇になったら超特急でボケちまいます。(笑)
仕事が忙しくて家内には苦労かけたのでちったー孝行しなくては。
でもやっと皆さんの、「毎日サンデークラブ」に入会できました。
新米部員ですがよろしくお願いします。(笑)

s_shibata s_shibata

2018/10/25 20:04:08

ボンタンさん こんばんは
天気に恵まれたようです。
それにしても恐ろしい体力です。
尊敬します。

重なるようなスケジュールで伊豆に居ました。
7日から10日までです。
7日の夜は風が少しありましたが、3日間夜は快晴でした。3日連続の快晴は初めて
の経験です。
夜の6時から深夜1時まで7時間の長時間露光です。
少し絞って星の軌跡をブルーアワーの中に入れたい
のです。
こんなチャンスは滅多にないので、それを飽きもせず3晩しました。
カメラはもちろんF2です。
36カットを使い切ることが出来なかったので、
今日の昼から荒崎海岸です。
やっと26カットまでこぎ着けました。
明日も天気が良さそうですから今夜は車中泊です。

ボンタン コメントへの返答

2018/10/25 22:19:48

s-shibataさん こんばんは!

7日からは下界は台風一過だったことでしょう。
私は6日夜から7日明け方にテントの中で台風をやり過ごしました。

ついに7時間もの長時間露光を慣行されましたか。
フィルムだと途中でちょっとでも害光が入ればすべておしまい、極めて難しい撮影だったことでしょう。
デジタルだと10秒か20秒露出を0.1秒間隔ぐらいで撮っているので1枚くらいごみ箱に捨てても何とか処理できます。
拝見させていただくのが楽しみです。

いよいよ退職します。
先週は毎日少人数での送別会、皆勤賞でした。
明日が最終のメインとなる送別会です。
午前様で帰宅できるか?(笑)
色々忙しくて、週末からコメントに返信したり他の方の作品を拝見させていただきます。

e2910 e2910

2018/10/24 15:21:55

山行きには縁のない私にはとても新鮮に見える風景です。現地に行った人に与えられるご褒美だと思います。
それにしても凄い色になるものですね。
テントも華やかです。

ボンタン コメントへの返答

2018/10/25 22:18:16

e2910さんこんばんは!

色が変わり始めたら歓声が上がることが多いです。
その時々で色の濃さや、色合いも違うため面白いです。
赤くなる時、金色っぽくなる時などもあり、まあデジタルの現在、設定でも変わります。
今回ビビッドで撮っていたはずなので、ちょっと派手に色が出ています。

退職するため送別会の嵐で他に頂きましたコメントは後日拝見させていただきます。

牛転び伝説 牛転び伝説

2018/10/23 20:41:35

ボンタンさん こんばんは

見事なモルゲンロートですね。
モルゲンロートを待つワクワク感、今回の説明で初めて知りました。
若さを保つ秘訣の一つですね。

ボンタン コメントへの返答

2018/10/25 22:04:59

牛転び伝説さん こんばんは!

モルゲンロートは天気次第なので、数日しかいない人が見ることが出来たらラッキーです。
私は1週間近く滞在するのでかなりの確率で見ることが出来ます。
それでも時には上に登って山小屋に泊まったりしますので、スケジュールと天気がうまく合わないといけません。
東の方(後ろ)を見て雲一つなくても、実は山の向こうの太陽のところには雲が有る場合もあり時間が過ぎても現れないときはモルゲンロートになりません。
そこがまた厄介であり、楽しみでもあります。

ふくろう ふくろう

2018/10/23 20:22:00

ボンタンさん
朝の光に輝く素晴らしい情景が見られる若さと健脚があることが羨ましいです。何時までも頑張って欲しいです。

ボンタン コメントへの返答

2018/10/25 07:53:19

ふくろうさん おはようございます<(_ _)>

今年も涸沢に行ってきました。
そろそろ年齢、体力限界と思いながらも、足掻いています。(笑)
 
涸沢の紅葉は綺麗なので病みつきです。

送別会や会社の手続などで大忙し、返信が遅くなります。すみません。

相模原のカメラマン 相模原のカメラマン

2018/10/23 15:37:31

ボンタンさん こんにちは
今年も行きましたね 毎年頑張ってください!!(元気な証拠ですね) 私が最初にいただいた唐沢のモルゲンロートが一番気に入っていますよ 今回のはいまいちでしたね(ペコ)ありがとうございました

ボンタン コメントへの返答

2018/10/25 07:47:51

相模原のカメラマンさん おはようございます<(_ _)>

今年は紅葉が少し早く私が登った時は終わり気味でした。
ちょっと苦労しましたよ。

小屋で1つの敷き蒲団に二人や三人より、テント泊は自由で楽です。
お湯を沸かして毎日体も拭けます。
隣のテントの人と友だちになれます。
なかなか良いものです。

送別会続きで返信が遅くなります。

1025村の住人 1025村の住人

2018/10/23 12:30:34

ボンタンさん こんにちは

 今年も秋は涸沢でしたか・・^^;
ここは日本一の紅葉スポットですからね・・
 綺麗なモルゲンロートが見られましたね。

 一昨年、モルゲンロートを撮っていたら、隣のおじさんが逆側を向いていて、何でみんな朝日を見ないの?と言って不思議がっていました。みんなこれを見るために起きているんですよ・・と言ったら、そうなんだ!と感心していました。^^;

ボンタン コメントへの返答

2018/10/25 07:41:20

1025村の住人さん おはようございます<(_ _)>

今年も老体にむち打って行ってきました。
テント泊でも、今回はどういう訳か楽で体調は最高に良かったです。
前回の北岳小屋泊まりより、楽でした。
なんで❓と自分でも不明。(笑)

涸沢の紅葉は終わり気味でしたが、それでも探せばたのしめました。
モルゲンロートは2日も見れて飽きました。(笑)

確かに普通はご来光を見ますよね、でも涸沢からは見えないですね。

涸沢では台風にも遭遇、良い経験をしました。

毎晩送別会で先週はお酒の皆勤賞、今週も色々忙しいので返信が遅くなります。すみません<(_ _)>

このアルバムの写真一覧

撮影日時 2018/10/06 06:03:41
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-100
露出時間 2 (s)
F値 f/16
焦点距離
(35mm換算)
32 mm
(32 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.3
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows
ボンタン

ボンタン

ニックネーム「ボンタン」は私の故郷の名産である柑橘の名前です。 直径20cm位の黄色い実が生ります。 甘さ控えめ、割合さっぱりとした味で大人の味です。 なんと皮の厚さが2cm近くもあり、その皮や実を加工して色々なお菓子が作られています。 キヨスクなどではボンタン飴として販売されています。 小さいころのおやつにもなっていました。 (ニコギャラ時代に全く知らない人に何の挨拶もなく、多くの画像を盗まれ、あたかも自分の写真のようにニコギャラではなく別のHP使われているのを2ヶ所も見つけました。フォトコミ仲間以外の人向けに警告として著作権を画像の中に主張しています)

写真総数 1447 枚
アルバム数 88 冊
wait