涸沢岳&北穂高岳のモルゲンロート7
モルゲンロートの涸沢岳と涸沢槍5
紅葉の山を愛でる3
登山道を赤く染める2
パノラマコースを周遊して1
早朝の涸沢3
赤と黄色のナナカマド2
ガスが漂う屏風の頭2
紅葉に映える奥穂高岳
紅葉に埋もれる3
屏風岩の秋1
赤いナナカマドの実
ナナカマドの実と北穂高岳2
斜光に浮かび上がる3
山は晴れ
奥穂と1本のナナカマド
奥穂と天の川4
北穂高岳と星の軌跡6
北穂高岳に流れ星3
明け方の涸沢1

-/-

登山道を赤く染める

登山道を赤く染める

この写真の説明

もう少しで涸沢というところから登ってきた道を振り返ると、屏風の頭を背景に両側から登山道を埋め尽くすような紅葉が見事でした。
撮影日時 2018/10/05 12:59:26
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-1250
露出時間 1/60 (s)
F値 f/14
焦点距離
(35mm換算)
28 mm
(28 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.3
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows

コメントする

コメントをする場合は ログイン して下さい

コメント一覧

e2910 e2910

2018/10/24 15:24:38

見事な紅葉です。

ボンタン コメントへの返答

2018/10/27 09:14:48

この辺りはまだ黄葉が綺麗でしたが台風後はだいぶ散りました。

相模原のカメラマン 相模原のカメラマン

2018/10/23 15:52:30

どこが登山道ですかね(人生を振り返ることが大事だと思いますよ:コルファーが後ろの景色を見たことがないそうですよ(笑)

ボンタン コメントへの返答

2018/10/27 09:14:06

(笑)カメラマンは常に振り返らないと良い絵を逃します。
疲れてしまうと振り返る余裕どころか、カメラを向けるのも面倒になるので、疲れない範囲で登れるように亀のスピードで登っています。
左下から紅葉の中へ登山道があるんですが、ナナカマドで隠しました。(笑)

このアルバムの写真一覧

撮影日時 2018/10/05 12:59:26
メーカー NIKON CORPORATION
モデル NIKON D810
撮影感度 ISO-1250
露出時間 1/60 (s)
F値 f/14
焦点距離
(35mm換算)
28 mm
(28 mm)
フラッシュ ストロボ発光せず
露出補正値 -0.3
ホワイトバランス マニュアル
デジタル・ズーム比 1
ソフトウェア Adobe Photoshop CS Windows
ボンタン

ボンタン

ニックネーム「ボンタン」は私の故郷の名産である柑橘の名前です。 直径20cm位の黄色い実が生ります。 甘さ控えめ、割合さっぱりとした味で大人の味です。 なんと皮の厚さが2cm近くもあり、その皮や実を加工して色々なお菓子が作られています。 キヨスクなどではボンタン飴として販売されています。 小さいころのおやつにもなっていました。 (ニコギャラ時代に全く知らない人に何の挨拶もなく、多くの画像を盗まれ、あたかも自分の写真のようにニコギャラではなく別のHP使われているのを2ヶ所も見つけました。フォトコミ仲間以外の人向けに警告として著作権を画像の中に主張しています)

写真総数 1447 枚
アルバム数 88 冊
wait